助成研究の成果

これまでに助成を受けた多くの研究が、論文として報告されています。

助成研究の成果

以下は、ノバルティス研究奨励金を受賞した研究のうち、受賞者より論文公表等について、2013年4月から2014年3月にご報告をいただいたものです。

2012年度 受賞者
助成タイトル 内分泌シグナルを介した温度応答の分子機構
受賞者 久原 篤(甲南大理工)
論文掲載誌・書誌事項 Neurosci Res, 76, 119-24 (2013)
論文タイトル Molecular mechanism for trimetric G protein-coupled thermosensation and synaptic regulation in the temperature repsonse circuit of Caenorhabditis elegans
助成タイトル 死細胞貪食破綻による炎症誘導のメカニズムの解明
受賞者 中野裕康(順天堂大医)
論文掲載誌・書誌事項 Biochem Biophys Res Commun, 436, 212-6 (2013)
論文タイトル Critical contribution of oxidative stress to TNF α-induced necrosis downstream of RIPK1 activation
助成タイトル 癌の診断・治療の標的となる分子同定を目指した網羅的プロテオーム解析
受賞者 吉田清嗣(慈恵医大)
論文掲載誌・書誌事項 Proc Natl Acad Sci USA , 111, 717-22 (2014)
論文タイトル Induction of amphyregulin by p53 promotes apoptosis via control of microRNA biogenesis in response to DNA damage
論文掲載誌・書誌事項 Cancer Lett, 339, 214-25 (2013)
論文タイトル DYRK2 controls the epithelial-mesenchymal transition in breast cancer by degrading Snail
助成タイトル 合理的設計によるリシン脱メチル化酵素阻害薬の創製研究
受賞者 鈴木孝禎(京府医大)
論文掲載誌・書誌事項 J Med Chem, 56, 7222-31 (2013)
論文タイトル Identification of the KDM2/7 histone lysine demethylase subfamily inhibitor and its antiproliferative activity
論文掲載誌・書誌事項 Angew Chem Int Ed Engl, 52, 8620-4 (2013)
論文タイトル Lysine-specific demethylase 1-selective inactivators: protein-targeted drug delivery mechanism
論文掲載誌・書誌事項 Comput Struct Biotechnol J, 9, e201402002 (2014)
論文タイトル Synthesis, LSD1 inhibitory activity, and LSD1 binding model of optically pure lysine-PCPA conjugates
助成タイトル アザスピロ構造を有するアントラサイクリン系抗がん抗生物質の合成
受賞者 北村 充(九工大)
論文掲載誌・書誌事項 Tetrahedron Lett, 55, 1653-6 (2014)
論文タイトル Synthetic study of kosinostatin aglycone: synthesis of BCDE rings using alkoxycarbonylmethylation of diazonaphtoquinone
助成タイトル 植物オルガネラのRNA編集の分子機構解明に向けたシチジンデアミナーゼ活性の同定
受賞者 杉田 護(名大遺伝)
論文掲載誌・書誌事項 Plant Cell Physiol, 54, 1907-16 (2013)
論文タイトル Two DYW subclass PPR proteins are involved in RNA editing of ccmFc and atp9 transcripts in the Moss Physcomitrella patens: first completes set of PPR editing factors in plant mitochondria
助成タイトル Rac1阻害剤は“抗がん転移剤”になりうるのか?
受賞者 横山 悟(富山大和漢医薬)
論文掲載誌・書誌事項 Cancer Sci, 105, 788-94 (2014)
論文タイトル RAC1 inhibition as a therapeutic target for gefitinib-resistant non-small-cell lung cancer
助成タイトル Derlinファミリーを介した新規小胞体品質管理機構の解明
受賞者 西頭英起(宮崎大医)
論文掲載誌・書誌事項 Genes(Basel), 4, 306-33 (2013)
論文タイトル Signaling pathways from the endoplasmic reticulum and their roles in disease
助成タイトル 核膜孔複合体因子による癌幹細胞誘導/癌悪性化過程に関わるエピジェネティクス制御機構の解明
受賞者 Richard WONG(金沢大理工)
論文掲載誌・書誌事項 Cell Cycle, 10, 1456-67 (2011)
論文タイトル RNA export factor RAE1 contributes to NUP98-HOXA9-mediated leukemogenesis
助成タイトル 骨肉腫悪性化に関わるRNA結合タンパクImp3の機能解明及び分子標的療法の開発
受賞者 清水孝恒(星薬大薬)
論文掲載誌・書誌事項 Cancer Res, 74, 6531-41 (2014)
論文タイトル IGF2 preserves osteosarcoma cell survival by creating an autophagic state of dormancy that protects cells against chemotherapeutic stress
助成タイトル 化学ワクチンを指向した結核菌の毒性細胞壁成分の合成研究
受賞者 細川誠二郎(早大理工)
論文掲載誌・書誌事項 Org Lett, 16, 4106-9 (2014)
論文タイトル Stereoselective acylation of the E,E-vinylketene Silyl N,O-acetal and its application to the synthesis of khafrefungin
助成タイトル 橙色二分子蛍光補完法の開発
受賞者 児玉 豊(宇都宮大)
論文掲載誌・書誌事項 第12回日本農学進歩賞(公益財団法人 農学会)
論文タイトル タンパク質間相互作用の可視化技術に関する研究
2011年度 受賞者
助成タイトル HMGA2発現による造血細胞の自己複製・増殖における分子機構の解明
受賞者 池田和彦(福島医大)
論文掲載誌・書誌事項 Clin Lymphoma Myeloma Leuk, 14, e69-72 (2014)
論文タイトル Somatic 15q break after long-term stable disease in acute myeloid leukemia
論文掲載誌・書誌事項 Br J Haematol, 168, 388-49 (2015)
論文タイトル Dysregulation of the MIRLET7/HMGA2 axis with methylation of the CDKN2A promoter in myeloproliferative neoplasms
助成タイトル 免疫恒常性における転写因子Iκβ-ζの役割
受賞者 丸山貴司(東北大生命)
論文掲載誌・書誌事項 PLoS One, 9, e110838 (2014)
論文タイトル The nuclear IκB family protein IκBNS influences the susceptibility to experimental autoimmune encephalomyelitis in a murine model
2007年度 受賞者
助成タイトル 腸管上皮形成に異常を示す新規ゼブラフィッシュ変異体の解析
受賞者 菊池 裕 (広島大理)
論文掲載誌・書誌事項 PLoS One, 7, e33675 (2012)
論文タイトル DEAD-box protein Ddx46 is required for the development of the digestive organs and brain in zebrafish