選考委員長のコメント

選考委員長のコメント - 2017年度

選考委員長 小川 佳宏 

昨年の12月25日(月)に第30回ノバルティス研究奨励金(研究助成)と平成28年度(2016年度)研究集会助成に関する選考委員会を開催しました。2014年に選考委員に就任し、2017年度には選考委員長を務めています。研究奨励金では例年と同様、応募課題のほとんど全てが極めてレベルの高いものであり、最終選考には苦労しましたが、申請者が練りに練った先進的な研究計画に触れる喜びを感じながら時間をかけて一生懸命読ませていただきました。幅広い領域から多くの応募をいただきましたが、選考委員会当日には専門領域の近い選考委員の採点結果とコメントに基づいてフェアに議論し、新しい研究分野を開拓するような創造性の高い基礎的研究を選考するように努めました。研究集会助成では本助成が有効活用されると思われるものを5件採択しました。研究奨励金は研究者にとって貴重な研究費ですが、それ以上に幅広い領域の応募課題より異分野の研究者により選出されたことが大きな自信になるものと思います。本研究奨励金がテコとなって応募課題が大きく発展することを期待しています。