ノバルティス科学振興財団とは

ノバルティス科学振興財団は、1987年9月にチバガイギー科学振興財団として設立され、1998年に現在の名称に変更の後、2012年に公益財団法人へ移行しました。

1987年、チバガイギー(現ノバルティス)グループは、各国において単に商業的活動のみを目指すのではなく、社会に経済的および社会福祉の面からも貢献するという経営理念に従い、日本円にして10億円の基金を提供し、チバガイギー(現ノバルティス)科学振興財団を設立しました。当時、来るべき21世紀の科学の軸となると考えられた、自然科学の創造的研究の振興助成を図ることで、日本の学術の発展と福祉の向上に寄与することを目指したのです。チバガイギーとサンドが合併し、1997年にノバルティス ファーマ株式会社が発足したことに伴い、財団は1998年に現在の名称に変更の後、2012年4月に内閣府より公益認定を受けて公益財団法人に移行しました。

設立以来、当財団は29年にわたり、我が国における生物・生命科学および関連する化学の領域における創造的な研究と、それらに携わる研究者の交流の場である研究集会に対して助成を行ってきました。特に、成果がすぐに応用につながらなくとも、基礎的な発見や理論を積み上げることが新分野を拓き、新産業を生み出す元になると考え、基礎的な研究への助成を中心に行っています。その件数は約1,700、総額はおよそ20億円に上ります。

代表理事からのご挨拶

 「生物・生命科学および関連する化学の領域において、創造的な研究ならびに国際交流への助成を行うことにより、学術の振興を図り国民の健康と福祉の向上に寄与する」これが1987年9月4日に設立されたノバルティス科学振興財団の掲げる活動目的です。
 この基本方針のもと、これまでに約1,700件、金額にしておよそ20億円の助成を行って参りました。当財団が提供する研究費は、研究に要する総費用のうちの微々たるものかもしれませんが、研究をスムーズに遂行するために役立てていただくのがその目的です。また、国際会議の開催費用の一部を支援することによって、研究者の国際交流の推進に努めて参りました。これまでにも多くの受賞者が一流の国際雑誌にその研究成果を発表され、助成金が役に立ったとの謝辞が事務局に寄せられております。
 財団では厳正、公正な判断に基づき今後も我が国の創造的な研究を支援して参りたいと考えております。皆様の温かいご理解を心よりお願いいたします。

代表理事 金子章道

財団の概要

出捐者 ノバルティス社(スイス・バーゼル)
基本財産 11億円(平成24年4月現在)
行政庁 内閣府(平成24年4月1日より) 文部科学省(平成24年3月31日まで)
設立日 昭和62年(1987年)9月4日 平成24年(2012年)4月1日に公益財団法人へ移行

財団の歴史

1987年9月 チバガイギー科学振興財団として設立
財団設立の趣意
1998年6月 名称を、ノバルティス科学振興財団に変更
2012年4月 内閣府より公益認定を受け、公益財団法人へ移行